So-net無料ブログ作成
検索選択

艦これ11月イベントE-5攻略まとめ [雑記]

 自分のまとめにもなるということでE-5攻略記事を。始まりからしてE-4攻略まとめと同じとか言っちゃダメです。各種wikiや本スレ、自分の体験等合わせて書いています。(2013年11月6日時点でのまとめです)

編成と装備

E-4編成.PNG

E-5装備.jpg

 E-5は常時戦艦2,重巡洋艦2,重雷装巡洋艦2の編成で向かいました。夜戦火力がモノを言うマップなので夜戦火力の高い重巡洋艦、重雷装巡洋艦を入れています。

 消費資源は燃料8000、弾薬7500、鋼材6500くらいでバケツを100弱使用しました。手元のメモによるとゲージを破壊するまでに出撃19回、途中撤退3回、ボス撃破5回、ボスルートから逸れること3回だったようです。クリアした提督の資源消費の平均は1万前後、バケツが100程度のようなのでE-4ほどの準備は必要ないマップと言えそうです。


・装備について
夜戦メインのマップなのでE-4と同様に連撃装備が基本になるかと思います。重巡洋艦を編成に入れる場合には20.3cm連装砲を忘れないようにしてください。数値上は15.5cm副砲に劣っていますが、夜戦ボーナスが20.3cm連装砲にあるようなので、夜戦時の火力がかなり変わってくるようです。またボスのみ昼戦から開始で、かつ相手艦載機の攻撃を受けることになるため、ある程度の対空兵装も必要となります。自分の場合はE-4のように三式弾を多くの艦に装備させましたが、摩耶のように強力な対空数値を持つ艦娘に対空兵装を満載するなど様々な方法があると思います。雷巡の甲標的はボス戦時に取り巻きを撃沈してくれることもあるのでダメコンを装備しないのであれば搭載しておいて良いと思います。ちなみに女神を積んでゴリ押しはやはり速いようなので可能であれば有りかと思います。大破撤退を考えなくて良い分ゲージを削りやすく、また意外と女神が発動することは少ないらしいです。


・陣形とキラキラの有無について
陣形はボス戦は単縦陣ですが、その他は夜戦マップなのでお好みで良いかと思います。E-5攻略に関しては全出撃時にキラキラを付けて出撃し、道中での大破撤退がキラキラを付けなかったE-4と比べてかなり少なくなったので効果があるのでは、と思われます。ボスへ到着しやすく、ゲージ回復をそこまで気にしなくて良いため面倒であってもキラキラを付けることをおすすめします。


・編成について
ルート固定との兼ね合いになるので速力とにらめっこしながら、となります。駆逐艦・軽巡洋艦でも夜戦火力は十分なので、カットインでの大火力を期待して運の高い駆逐艦を入れるなど様々な編成がクリア時のSSで見られました。また今回も夏のイベントと同様に潜水艦での攻略が可能で、潜水艦4隻の編成で中央ルートを通ってのボス到達が出来ます。1戦目、2戦目で被弾する可能性はありますが、3戦目及びボス戦では一方的に攻撃できるようです。ただゲージを削る効率が非常に悪く、支援艦隊を出して削っても10時間を超えそうなのでゲージ回復をさせないための手段、と考えたほうが良いかと思います。

・ルートについて
編成を見て分かる通り自分は北ルートを通って攻略しました。羅針盤の気まぐれでボスへ向かうことが出来ないことも有りますが、道中が2戦で済むので被害が小さく済むことを期待しました。この場合は金剛型2隻以外は自由なので資源等と相談しながらで良いと思います。速力を統一し、金剛型を2隻にならないようにすれば中央ルートとなります。道中の相手旗艦がこれまでのイベントのボスとなり、ボス到着までに3戦必要となる代わりに確実にボスへ到着することが可能です。フラ戦・フラ重と比較すると姫・鬼は夜戦ではそこまでの脅威ではないのでこちらのルートでの攻略も可能だと思われます。強制的に昼戦移行させられる可能性があるためそこは恐ろしいですが・・・。速力不統一、金剛型2隻含ます、という編成では南ルートにいきますが、こちらは碌な事がないのでお勧めできません。

・支援艦隊について
ボス戦が昼戦開始なので艦隊決戦支援が有効です。夜戦で確実に仕留めるためにも出来る限り出して損はないです。削りの段階では極めて軽い編成でも効果があり、ゲージ破壊を目的とする場合には戦艦を含めた編成にすることで運が良ければ鬼を撃沈してくれることも有ります。


・ゲージについて
ボス8回撃破で削り切ることができ、回復速度は1時間に1メモリです。かなり硬い相手ですがE-4と異なり三式弾の有無で与ダメが変化しないこと、また昼戦→夜戦の選択肢がこちら側にあるため削ることはそこまで難しいことではありません。ゲージ破壊は支援艦隊なしでも可能ですが、支援艦隊を出すことでより確実性があげられます。夜戦までに取り巻きを減らすことが出来ればいけます。


・その他雑感
E-4同様に夜戦マップですが、道中の旗艦である姫・鬼が夜戦限定で言えばあまり脅威では無いためE-4と比較すると運に左右される確率が低くなっていると言えます。クリア報告を見る限りでは艦隊のレベルの高さがモノを言うようなので、十分に育成のできている艦隊であれば問題ないかと思います。また陣形によってn番艦が被弾しやすいかも?といったようなこともあるので出来る限り最新の情報を集めながら攻略に当たることをおすすめします。


 ということでこちらも簡単に。誰もが口を揃えて「E-5のほうがE-4よりも簡単だった」というくらいなので、E-4を攻略された提督は資源を貯めてぜひ武蔵を入手を目指していただきたいです。簡単ですが参考となれば幸いです。

艦これ11月イベントE-4攻略まとめ [雑記]

 自分のまとめにもなるということでE-4攻略記事を。各種wikiや本スレ、自分の体験等合わせて書いています。(2013年11月5日時点でのまとめです)


 編成と装備はこんな感じです

E-4編成.PNG

E-4装備.jpg

 削り時は戦艦2,重雷装巡洋艦2,駆逐艦2の編成、止めには戦艦2,重巡洋艦2,重雷装巡洋艦2の編成でした。並び順は画像の通りで駆逐艦は重巡洋艦と入れ替えて使用しました。取り巻きを雷巡・駆逐艦or重巡で撃破し、飛行場姫を戦艦にて撃破を目的としてこの順番としています。最大火力を持つ艦娘を持つ艦娘を編成順の下に置くのが飛行場姫を攻撃する可能性を考えるとお勧めです。

 消費資源はボーキサイト以外が15000程度、バケツを100弱、6時間ほどでしたがこれはお仕置き部屋に一度も行かないという謎の運を発揮したためかと思われます。E-4はかなり運に左右されるマップなので資源は30000、バケツを250、12時間ほどを準備しておくと良いかと思います。特にゲージを削りきってから飛行場姫を撃破するまでにかなりの時間がかかることも珍しく無いのでその覚悟も必要です。さくっとクリアできる人はクリアできる一方で泥沼にハマるとかなり大変とのことなので余裕を持って置くに越したことはないと思われます。

・装備について
三式弾は必須です。三式弾の効果が飛行場姫の装甲を無視してダメージ計算に入る、ということらしいので無いと削ることがかなり難しくなります。その他についてはカットインではなく連撃装備、雷巡を入れる場合は甲標的を装備が標準的です。甲標的を装備しておけばボス戦で昼戦移行時に開幕雷撃によりダメージを期待でいます。また女神を準備できるなら女神を旗艦を除いた全員に装備がお勧めです。女神を積んでゴリ押しが資源の消費・攻略時間ともに少なく済むとのことなので可能であれば精神的にも楽なので良いかと思います。

・陣形とキラキラの有無について
夜戦での陣形の効果については不明確な所が多く、昼戦と同じような効果があるのかはいまいち不明です。体感では昼戦と同じように命中等に変化があるような気はしますが・・・。なのでボス戦以外はお好みで良いかと思います。ボス戦に於いては昼戦へと移行する可能性があるため最大火力が期待できる単縦陣一択です。キラキラは面倒だったのでE-4攻略時には付けなかったのですが、E-5での効果を見る限りだと敵カットイン時の被ダメージ軽減がかなり強力だったので、出来る限り付けたほうが結果的に資源の節約になる可能性は十分にあります。

・編成について
ルート固定のための金剛型2隻は必須としてその他は割と自由です。ボス前→ボスへのルート固定が可能な編成が見つかっていないようなので無理に入れなければならない艦娘は現状いないです。削りの段階では運用コストの安い駆逐艦や軽巡洋艦を入れたり、潜水艦をデコイとして利用する他、捨て艦戦法も有用とのことです。問題となるゲージを削った後のボス撃破ですが、これに関しては三式弾を搭載可能な艦(戦艦・重巡洋艦)を出来る限り多く入れ、神に祈る他ありません。

・支援艦隊について
昼戦移行の条件がE-2と同様に敵の2番艦・3番艦が大破未満で生存していること(どちらかのみでも良い)というものでコントロールすることが難しいため、出す必要はなく、出すとしても軽い編成になるかと思います。

・ゲージについて
ボスを7回撃破で削り切ることができ、回復速度は1時間に1メモリです。撃破まで行くのはなかなか大変なので必要なボス到達回数はこれの数倍になるかと思われます。回復速度が速いので可能でああれば張り付いておきたいですが、精神的にきついので適度な休憩をおすすめします。

・その他雑感
夜戦マップという都合上艦娘のレベルが高くても被弾することはかなりある一方で、レベルの低い艦娘であっても十分に活躍したりすることが多々あります。なのでどの程度のレベルが必要だとは一概には言えません。また道中での1艦のみの大破やボス前での羅針盤に負けるなど精神的に辛いマップでもあるので焦って艦娘を轟沈させてしまう、といったことには十分注意してください。中破撤退するか否かは検証などを見つつ各提督の判断にお任せします。中破轟沈は動画はありませんが文面での報告は幾つも出ているので無いとは言い切れない現状ですので・・・。


 ということで簡単にまとめてみました。もしかしたら適当に追記していくこともあるかもしれないです。皆さんのE-4突破の参考になれば幸いです。

ぱんぱかぱーん [雑記]

  久しぶりにただの雑記。

・艦これの11月イベントクリアしました
攻略記事を書けばアクセス数がガッポガポじゃ?と思いましたが、そこまでクリアが早くないのと自分自身人柱ではなく各種wikiや本スレの皆さんの貴重なデータを参考にさせてもらっただけだったことに気付いたのでE-4/5の攻略記事は書かない方向になりました。そもそもルート固定とか全然調べてないので・・・

・Twitterを見ていると
民主主義って難しいなー、と思いました。

iPhone4とNexus7(2012)
均等に遅いか突然遅くなるか、だと前者のほうが良い気がします。CM10.2を入れてますが純正ROMだとここまで予想外のタイミングでガクガクすることは無いのだろうか?あと流石にこのご時世に3年前のスマホはないわー、ということでそろそろ辛いです。

・ぱずどら!
らんくあがんねぇ!

 そろそろかなり冷え込んできたので紅葉を探しに引きこもらない方針で頑張ります。

とうとうブログに広告が出てしまっぜた記念 [雑記]

 ということで気付いたらブログに広告が出るようになっていたお米2号です。放置していたのは特に理由があったわけじゃないんだよ、ということで言い訳はしません・・・

 
 結局のところネタがないと更新しないのではなくネタが有るにも関わらずそれを記事にしないことが問題だと気付いたのでゲームネタでも。Twitterを見れば分かる通り艦これにハマっててドックに速攻で課金してしまったあたりパズドラ等のソーシャルゲーム(といっていいかは微妙ですけど)とは別の魅力というか吸引力があったのだとつくづく実感します。私自身はWW2の航空機には興味がありますが艦船についてはさっぱりだったので各種wikiを読んで史実をまったりと識っている最中であったりなのですが、見ていると太平洋戦争って勝てるわけないよなぁ、なんてしみじみ。ってことで初めて2ヶ月くらいの新米提督のはずが下書きで放置しててすっかり3ヶ月となった新米提督の現状はこちら↓


kan-colle.PNG

 3-4,4-4の攻略を目指してたら資材がなかなかの勢いで減っていって現在はこの状況です。建造貧乏な感も無くはないですが・・・。すっかりクリアして5-2の周回だよ!ということで下書きのまま放置していた期間の長さが偲ばれます。紅茶セットが3つもあるのは金剛さんの趣味ということでここは一つ。


 で、ハマった結果がこれだよ!ということで買ってしまった提督の夏休み
IMG_1608.JPG


 長門さんのエプロン姿まじながもん。装丁がしっかりしているのでお値段も納得です。ちなみにコンプティークは市内の書店を足が届く限りで周りましたがもはや影も形も無くなっていたので入手しておりません。ぐぬぬぬ。というか書籍系にあんまり興味がわかないことに気付いてしまったので白書も買わないかも?という感じだったりします。

 ブラウザゲームの寿命の話とか新艦娘が難関海域のボスドロップばかりでしんどいとか国内の軽巡洋艦以上の艦はだいたい擬人化しちゃってネタが無いよね、とか色々言われてはいますが長く続いて欲しいなー、と思っています。現在のような爆発的ブームは必ず去るのでそこはこれからのメディアミックス次第かも、と感じるところであります。ではまた5-2に潜って三隈を探してきます・・・

生存報告ということで [デジカメ]

 久しぶりの更新となりました。ええ放置していただけです・・・。パズドラにズブズブはまりケリ姫をやりつつ艦これに移行、そしてレポートや課題を週末に溜めるのを繰り返した結果こんなことに。艦これはお布施も兼ねて課金しようか悩み中だったり。ということで近所で撮った写真をいくつか。


紫陽花撮り始め
XZ-1 F2.4 1/15 93mm

梅雨といえばの紫陽花です。明るいところより暗い所が似合うと思うのです。




花開く
XZ-1 F2.5 1/400 112mm

紫陽花その2です。中途半端な感じもしますが咲きかけもまた綺麗なものだと思います。



出猩々
XZ-1 F2.5 1/200 112mm

年がら年中紅葉してる種類だそうでこんな時期にこんな色合いに。なんとも季節感がわからないやつですが彼らなりにこうなる必要があったのでしょうきっと。




季節外れの?
XZ-1 F2.5 1/200 112mm

季節感がない写真その2。自然の中にも季節感がないものは意外とあるな~とかそんなことを思いながら。


 
 とこんな感じで。夏といえば花火ですが男一人でいくのはどうよ、ということで現地でネコでも捕まえたいですね。

XZ-1+B-300 [デジカメ]

 ということでタイトル通りなテレコン装着編です。使用したテレコンはXZ-1/2用としてラインナップされているTCON-17X・・・ではなく、オリンパスコンパクトデジタルカメラ用のテレコンとして長くの間販売されていたTCON-17・・・でも無くて更にそのご先祖様とも言えるL-3用のテレコンB-300です。何でこんなものがあるかいうとたまたま実家にあったカメラがL-3で同時にテレコンも購入していたみたい、という偶然が有りまして。XZ-2の場合にも光学系の変化が殆ど無いはずなので同じように考えて良いかと思います。

 ちなみに先に挙げたTCON-17XとTCON-17、そしてB-300の違いですが、基本的な光学系は同一との噂です。違いとしては微妙なサイズやコーティングなどのようです。一時期B-300が高値で取引されていた時代なんかも有りましたが、いかんせん古いので今ならわざわざ古いものを選ぶ必要はないかな、と思います。このB-300も若干ですがカビが生えているように見受けられるので・・・。

 ということでさっそく画角の比較画像です。上から広角側、望遠側、テレコン使用の順となります。JPEG撮って出しで、リンク先からオリジナルを見られます。


換算28mm
換算28mm相当



換算112mm
換算112mm相当



換算190mm
換算190mm相当



 単純に考えればテレコンの倍率が1.7倍なので300万画素程度にトリミングするのと同じです。ですのでその辺りを考えながら、となるかと思います。見ていただくと分かるように画質劣化はそこまで無く、少し物足りない望遠側を補うにはなかなか良いのですが、個人的にはわざわざテレコンを購入するほどでは無いと思います。その理由は2つありまして、

・最テレ側でしか使用できない
・デカイ、太い、大きい

 一つ目はテレコンだと割と普通ですが、実際運用してみると200mmの単焦点を扱うようなものなので意外と扱いづらいです。装着の手間を考えると想像以上に使用出来るシチュエーションが限られます。二つ目は率直な感想です。XZ-1が275gに対してテレコンも280g前後なので重量バランスがかなり悪くなります。今だと色々妥協すればテレコンを買うお金で280g以内の高倍率ズームのコンパクトデジタルカメラを購入できるのでそのほうが便利なような気もします。ちなみに装着した姿はこんな感じです。両手でのホールディングはしやすくなりますが・・・


P1080549a.jpg

 汚いとかツッコミはなしでお願いします・・・

 とにかく長くなるのと重量バランスがテレコンよりになるのでグリップがないのが響きます。マッチングは良い感じなのとハッタリが効いた感じになるのは良いかもしれません。ということで簡単な紹介でした。

桜撮ってみた [デジカメ]

 この週末は日本全国大荒れの天気となり桜も思った以上に散ってしまいました。ということで桜の写真です。


P4010902
XZ-1 F2.5 1/250 112mm
撮影をしながら春の陽気が近づいてきたことを実感しました。まさしく桜色、という彩りが周りに満ちてゆくのは心が満たされるものです。




さくらさくら
XZ-1 F3.5 3.2s 112mm

桜並木を夜にお楽しみ、といたしまして。青空の下で見る桜とはまた違った雰囲気がありつい見蕩れてしまいます。風で花びらが散っていれば更に雰囲気良し!かもしれませんがそれはアニメーションによる表現のほうが似合うのかなー、などとよくわからないことを考えたりしながら撮影してました。




P4051056
XZ-1 F2.5 1/15 112mm

夜空をバックにすれば背景が真っ黒だから被写体が簡単に強調できる!と単純な考えで撮ってみた一枚です。背景を整理することがいかに大事なのかよくわかります。それにしても花びらの透明感が素敵でした。




夜桜ものくろーむ
XZ-1 F2.4 1/25 93mm

最後はモノクロで仕上げた一枚を。これはこれで雰囲気があるので良いかな、と思います。ただもう少し柔らかく出来たほうがそれっぽいかも、思ったり思わなかったりです。




 ということで今季の桜でした。つくづくこの天気が残念ですがこればっかりは仕方ないので来季に期待です。ということで。

尾道・竹原行って来ました

 ということでタイトルの通り3月22日に尾道・竹原に行って来ました。桜が咲く頃に行こうかと考えていたところに卒業旅行で先輩方がこちらに来られたので半ば拉致される形でテンションも高めに、となりました。


ぴよぴよ
XZ-1 F2.5 1/250 112mm

竹原、ということで飾られていた竹細工を。町並み保護地区は維持が大変だとは思いますが、こうして人が住んでおられることに依って魅力が生み出されているのでは、と思う次第でありまして。




乾杯!
XZ-1 F2.5 1/160 60mm

酒処としても有名な竹原なので町中で見つけたこの一枚を。自分はお酒に弱いので味わえないのが残念ですが酒蔵などを見ると歴史を感じることが出来ました。




ネコさん@尾道
XZ-1 F2.4 1/125 93mm

続いて尾道での写真を。尾道といえばネコさんなわけです。何があろうとネコさんなわけです。そこまで時間を撮って隅々まで街を散策したわけではないのでこの子にしか会えなかったのですが、非常に人懐っこ子でした。




浄土寺にて
XZ-1 F2.4 1/200 93mm

桜には一足早い季節だったので浄土寺にて梅の写真です。尾道には多くの寺社仏閣があるので梅・桜の季節に周ると非常に美しいものが見られるかと思います。




御袖天満宮にて
XZ-1 F2.4 1/30 93mm

最後は御袖天満宮での一枚。なんでもアニメ「かみちゅ」の聖地だとか。柄杓がプラスチック製だったので少し雰囲気が、と思わなくもないですがここはとてもよい雰囲気でした。学問を司る、ということで学業成就を願う絵馬の多さが印象的でした。あと痛絵馬があったのが”らしさ”を感じたり感じなかったり、です。


振り返ってみるとなかなかに強硬な日程だったのでじっくり時間をとれたら面白かったかも?とは思いますがなかなか面白いものでした。梅の季節に訪れるのも上品でよろしいかな、と感じました。先輩方にはこのブログが見られているのはわかっているのでここで重ねて感謝を。ありがとうございました。

近況報告というかまとめというか [デジカメ]

 そういえば最近まとめていなかった、ということで。写真自体は既にFlickrに上げたものなのでコメントを付けて。 

XZ-1 First shots
XZ-1 F4.0 1/800 28mm

スーパーマクロでオオイヌノフグリを。春といえば、ですね。



P3060546a
XZ-1 F3.5 1/1250 112mm

アートフィルターの「トイフォト」を使いました。特に何か、というものではないですがそれっぽくもあるような、という感じが出せていると良いな、と思いながら弄ってました。ただどこまで撮影後の編集を許容するのか、というのは自分自身よく考えさせられる問題なのでこれからも課題として残りそうです。



忘れられもの
XZ-1 F2.8 1/250 54mm

アートフィルターの「クロスプロセス」を使いました。扉だけが残った状態で錆び付いていたのでこんなタイトルに。残り続けることで新たな意味を獲得しているのだろうか、なんてふと思ったり。


ふわふわ

XZ-1 F2.8 1/320 112mm

探してみると意外に色々な季節に見つけることの出来るタンポポさん。DCR-150を使用して限界まで寄ってみました。寄ればいい、というものでもないのがよく分かったので次はイメージをなんとか形にしたいものです。



P3170649
XZ-1 F2.5 1/160 112mm

近所の寂れた神社での一枚。きっと在ることに意味があるのでしょう。



P3170625
XZ-1 F4.0 1/640 112mm

春の訪れを桜よりも一足早く教えてくれる梅。近所にもあったのだなー、とお散歩している間に見つけました。これからは桜の季節ですが梅もいいものです。


ということで簡単なまとめでした。これから暖かくなり彩りも鮮やかになっていくので楽しみです。

XZ-1+マクロコンバージョンレンズ  [デジカメ]

 ということで手元にあるマクロコンバージョンレンズを装着してみました。XZ-1にはスーパーマクロモードがあり広角側でレンズ前1cmまで寄ることが出来るのですが、実際はカメラが影になったり背景がかなり広く写ることになるため使いづらくあります。かといって通常のマクロモードでは広角側でレンズ前10cm,望遠側で30cmと微妙です。後継機のXZ-2では少し改善されているようなので要望が大きかったのかもしれませんね。

 使用したのはRaynox社のDCR-150です。画質劣化が非常に少ない優秀なレンズ、と個人的には思ってます。他の人のレビュー等を読んでもクローズアップレンズよりも画質劣化が少なめ、とのことでした。SDカードを被写体にしたのでどれくらいで撮影できるかのイメージ作りの参考になれば、と思います。ピントが全面にあってないのではカメラとSDカードが垂直になってないからですが大目に見てください・・・。あと写っている定規は30cmのものなのでワーキングディスタンスがどの程度かだいたい分かるかと思います。


 

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。