So-net無料ブログ作成

XZ-1+マクロコンバージョンレンズ  [デジカメ]

 ということで手元にあるマクロコンバージョンレンズを装着してみました。XZ-1にはスーパーマクロモードがあり広角側でレンズ前1cmまで寄ることが出来るのですが、実際はカメラが影になったり背景がかなり広く写ることになるため使いづらくあります。かといって通常のマクロモードでは広角側でレンズ前10cm,望遠側で30cmと微妙です。後継機のXZ-2では少し改善されているようなので要望が大きかったのかもしれませんね。

 使用したのはRaynox社のDCR-150です。画質劣化が非常に少ない優秀なレンズ、と個人的には思ってます。他の人のレビュー等を読んでもクローズアップレンズよりも画質劣化が少なめ、とのことでした。SDカードを被写体にしたのでどれくらいで撮影できるかのイメージ作りの参考になれば、と思います。ピントが全面にあってないのではカメラとSDカードが垂直になってないからですが大目に見てください・・・。あと写っている定規は30cmのものなのでワーキングディスタンスがどの程度かだいたい分かるかと思います。


 
 まず何も装着していない場合の最短距離撮影です。カタログ値ではレンズ前30cmとなっていますが、実測ではレンズ前26cmまで寄ることが可能でした。

XZ-1最短.jpg


素最短.JPG




 続いてDCR-150装着時の最短距離での撮影です。レンズ前11cmまで寄ることが可能となります。コンパクトデジカメとはいえかなり被写界深度が浅くなるのでMFで体を前後に動かしながら、となります。

DCR-150最短.jpg


装着最短.JPG




 最後にDCR-150装着時にフォーカスを無限遠にした場合です。この場合の撮影距離はレンズ前23cmとなりました。DCR-150を装着していない場合の最短距離にかなり近いのでつながりが悪くて困ることはあまりないかと思います。

DCR-150最長.jpg


装着遠い.JPG



 マクロコンバージョンレンズ全般に言えることですがある一定の範囲内でしかピントが合わなくなるので、ステップダウンリングを用いて装着するよりは付属のフリーサイズアダプタを用いて脱着を素早く行えるようにしたほうが便利だと思います。見た目は若干間抜けですが・・・


 これだと画質はわからないと思うのでFlickrにアップしたもののリンクを。

オオイヌノフグリ

 原寸大のファイルが見られます。絞り開放だと甘さがありますが1段程度絞ってやるとかなりシャキッとします。これだけ写れば十分かと思います。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

お米2号

>>tochiさん、nice!ありがとうございます
by お米2号 (2013-04-07 19:08) 

お米2号

>>moonrabbitさん、nice!ありがとうございます
by お米2号 (2013-04-07 19:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。