So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘッドホンと曲感想 第6回 機動戦士ガンダムUC OST/UNICORN [企画]

 久しぶりに更新するためのネタは溜まってきているのでサクっと記事にしていきたいところです。

機動戦士ガンダムUC OST/UNICORN


 機動戦士ガンダムUCのメインテーマとも言える曲です。PV映像と共に耳にした方も多いかと思います。この曲の重厚さや劇中での映像と共に聴いた時のような迫力などをいかに表現できるか、が課題になるかと思います。

ヘッドホン
DJ1PRO:9.5/10
鮮やかさや音の厚みという点では最も良いです。音色に癖がありますが聞いていればそのうち慣れてくるので個人的には許容範囲です。音の分離や微細な点の描写はDT880PROやMS-2、ER-4Bに劣っている感じはありますが、自分の環境だとそこまで大きな差ではないかなと思います。

DT880PRO:9.5/10
音場の広さや見通しの良さ、迫力や鮮やかさなどのバランスが非常に良いです。巷ではジャズに合うと評判のこのヘッドホンですが、こういった大編成の曲も良いと思います。強いていうならばもう少し分離が良いと良いかな、と感じる程度です。ただ高域はかなりキツメになるので人を選ぶかもしれません。

MS-2:8/10
迫力のなさが大きくマイナスとなります。音色の鮮やかさや細かな描写はなかなかあっているのですが、低音の特に下の方が弱く、音の重さが足りないこと、また音場が狭いことが合わないかなと。ただノリよく、楽しく、という視点で聴くならばこれはこれでありかな、とも思います。

HD380PRO:8.5/10
個人的には音の鮮やかさが足りないこと、明瞭さがそこまでではないため全体的な見通しが悪いことが気になります。迫力という面では悪くは無いですが、このヘッドホンの多く出る低音の高さと曲の低音成分の高さが微妙にあってにないのか、意外と低音が少なく感じます。ただ密閉型ならではの音圧感、密閉型の割に広い音場はなかなかかと思います。

・イヤホン
ATH-CM707:7.5/10
非カナル型の利点である音場の広さとドライバーの大きさがプラスに働いており、音の厚みや迫力という点がなかなか良い、と感じました。音の分離や解像という面で見るとそれなりですが、高域の鮮やかさやそれなりに出る低音など音色があっているのがプラスなポイントです。

ATH-EW9:8/10
音色の自然さや迫力などなかなか相性が良いように感じます。音場が平面的であったり、ローエンドが実はあまり出ていなかったりするわけですが、雰囲気をうまく出しているのでそこまで気になりません。この中だと最も上手くそれっぽい音を出しているかな、と感じます。

ER-4B:7.5/10
音場の狭さ、低域の少なさ、音の厚みのなさがなかなかに合いません。明瞭さや定位の良さは他のヘッドホン・イヤホンを大きく引き離しているのでそういう点が好みであればありだとは思いますが、どうにも物足りなさを感じる組み合わせです。

ER-6:6.5/10
基本的にはER-4Bと同じ点が気になるのですが、そこからさらに描写の細かさ、明瞭さが劣るのでこうなります。なんといっても音が軽く、迫力を感じられないのが致命的に思えます。


 聴いた感想としては意外とヘッドホン/イヤホンを選ぶなー、という印象でした。音の厚みや鮮やかさ、音場の広さや見通しの良さ、音圧の強さや重心の低さなど気にし出すとキリがない曲だと思います。かなり環境によって相性の良いヘッドホン・イヤホンが変わりそうなので色々と試してみたくもあったりします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。