So-net無料ブログ作成
検索選択

ATH-CM707 レビューver1.1 [レビュー]

 オーディオテクニカから登場のイヤホンです。最近にしては珍しい非カナル型イヤホンの中高級機となります。

P1020202.JPG

※イヤーパッドを未装着のレビューです

※2/12追記、修正しました。

全体のバランスはほぼフラット

低音域:下の方まで出ていて十分な量がある。輪郭はやや曖昧で膨らみがちだが極端にボワボワすることはない。下の方まで十分に出ているが量はやや少なめ。それなりに重さがあり膨らみもそこまでない。質感はややマット。

中音域:強いくせはないが少し人工的で乾いた質感。ボーカルの生っぽさが少し削られ無機質になり気味。澄んだ音ではないがこもった音でもなくいわば普通の音。声の高めな女性ボーカルなどはキンキンすることもある。男性ボーカルはそこそこ。

高音域:伸びはでそこまできつくなく、シャリつきも余り無い。抜けはそこまで良くもなく、質感はやや金属的。伸びはやや悪く若干の頭打ち感。抜けはよくも悪くもなくシャリつきもさほどない。質感はニュートラル気味。

音場の広さ・明確さ:左右が広め。インナーイヤー型らしく左右に目一杯広がる。前後の広さは心なしかある程度。上下の立体感は皆無で横一列に並ぶ。

装着感・音漏れ:装着感は普通。ただY字コードの分岐がプラグ直前まであるのは少し謎。正直使いづらい。音漏れは多く遮音性は皆無。電車では非常に使いづらいと思われる。

その他:音の分離は価格なりだが曲によってはかなり団子になって聞こえることがある。音のエッジはそこまできつくはないがソースによっては気になることもある。また低音増強用のポートを塞ぐと低音を少し減らすことが出来る、が一応自己責任です。


 総評としては性能の良いラジカセのような音です。バシッとハマる曲がない代わりにどのような曲もそれなりにそれっぽく鳴らしてくれます。イヤーパッドを付けるとやや低音寄りになり、低音がモコモコ鳴るようになりますが、篭りが気になること、また抜けの良さが幾分がなくなるので使用する場合はドーナツパッドにすることをおすすめします。これといった個性がないことと1000円追加すると評判のいいAurvana Airが購入できるのでおすすめするにはちょいと微妙だと感じますが、もう少し価格が下がれば十分ありな選択だと思います。



nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 5

お米2号

>>natsfactoryさん、nice!ありがとうございます
by お米2号 (2011-01-19 00:34) 

お米2号

>>ぼんぼちぼちぼちさん、nice!ありがとうございます
by お米2号 (2011-01-19 00:34) 

お米2号

>>セラミックさん、nice!ありがとうございます
by お米2号 (2011-01-19 00:34) 

お米2号

>>Chrisさん、nice!ありがとうございます
by お米2号 (2011-01-19 00:35) 

お米2号

>>kazさん、nice!ありがとうございます
by お米2号 (2011-01-19 00:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。