So-net無料ブログ作成

HD380PRO レビュー [レビュー]

 正直あんまり好みではありませんでした。なので評価は辛口かも。 ということでレビュー正式版。こういう場合は前のは消すべきなんでしょうか?とりあえずリンクは這っておこうと思います。


全体のバランスはフラットからやや低音寄り。

低音域:量は中音域と同等かごくわずかに少ないか。下への伸びはなかなかよく、低い部分が膨らんでいる。なので曲によってはかなり重低音が目立つ。他の音域へ被ってくることはほぼなく、分離も悪くない。

中音域:量は普通。質感は柔らかく、押し出し感がしっかりとある。分離は良いのだが、エコーがかかったような響きがある。それについて後述。ボーカルは表情があまり出ず、抜けが悪い。あくまで音の一つ、といった感じ。

高音域:量は他の音域よりやや少ないか。伸びはそこそこで、柔らかくかなり地味。鮮やかさはあまりなく、金属的な質感はさほど出ない。分離はなかなか良い。

音場の広さ・明確さ:上下、左右が広め。ハウジングいっぱいいっぱいに広がっている感じ。定位ははっきりとしている。上下の立体感もしっかりとあり、音場感は優秀と感じる。

装着感・音漏れ:装着感は側圧が強いが意外と快適。ただ長時間つけると確実に蒸れる。遮音性、音漏れはヘッドホンとしてはかなり優秀。遮音性は国産カナル以上ER系統以下。音漏れはハウジングが大きいのでそこから聞こえるが、音量を上げすぎなければ大丈夫かと。

その他:音の分離は価格なりからやや悪い。音にエッジが立っていないのでぱっと聴いただけだと甘く感じる。それと連動してかノリもあまりよくない。


 ここで自分が感じる中高域の違和感について。とくに中域がかなり人工的だと感じます。DJ1PROが人工的な音とよく言われますが、それとかなり近いです。DJ1PROから明るさ、鮮やかさを抜けばおそらくかなり似た音になるかと。意図的に生っぽさを殺して、すべての音を均一にしているように感じます。この人工的な感じと高域の少なさ、鮮やかさの無さからボーカルものはあまり期待しないほうがよいかと。あくまで音の一つ、といった趣です。



 結局のところエージングでの変化は耳、機器ともにあまりありませんでした。良くも悪くも環境に鈍感なのでアンプの音が変わってもあまり変化なしです。自分は音楽の製作などはやったことがないのであくまで想像ですが、入っている音を確かめるようなモニタリングには向いているのではないかと感じます。すべての音を均一にする、という色がつくだけなので。音楽鑑賞にはプラスになっていないのが何ともですが・・・。


 ということで暫定版へリンク


 楽しくないのは正解なんでしょうけど・・・。性能は悪くないが、って奴です。いやはや。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

お米2号

>>ab-ovoさん、niceありがとうございます
by お米2号 (2009-08-10 15:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。